スタッフブログ

日々の日常からプライベートまで スタッフブログ

シン中央会計事務局の記事一覧

               
  • 2014年03月31日 お腹も心も...

    去年デビューした花粉症に苦しんでいる、牛島です。

     

    さて、先週金曜日と昨日、お客様よりお誘いを頂きました。本当にありがとうございます!

    ①先週金曜日のお誘い

    飲食店を営んでいるお客様が、新所沢で2店舗目を3/31(月)にオープンされるので

    新しい匂いがする店舗に、お伺いさせて頂きました。

    今の店舗も大人気でとっても美味しいのですが、私の家からはちょっと遠くなので

    なかなかお伺い出来ず残念に思っておりました。

    でも、今度は近くなので、お忍びで?食べに行ける事にワクワクしております。

    相変わらずとっても美味しく、お腹が満たされて幸せな気分でした。

    新店舗の成功、心より応援しております!!!

     

    ②ピアノリサイタル

    確定申告を担当させて頂いたお客様のピアノリサイタルが昨日、日比谷で行われました。

    今回は「ショパン」を演奏するリサイタルです。

     

    牛島のショパンとの出会いは、アニメの「タッチ」でした。(時代がバレちゃいますね…)

    実はあのアニメでは、ショパンが良く流れているんですよ。

    上杉和也が死んだ時→「幻想即興曲」

    亡くなった後自室で聞いていた曲→「革命」

    朝倉南の新体操の曲→「英雄ポロネーズ」「子犬のワルツ」

    だから皆さんも、馴染みのある曲が沢山あるのではないでしょうか?

     

    今回は「葬送行進曲」が含まれている「ソナタ第2番 変ロ短調」も演奏されました。

    葬送行進曲は、ショパン自身が亡くなった際にも葬儀で使われたと言われています。

    この曲、マイナーな音調→途中で力強いメジャーの音調に変わるのですが

    この部分がとても大好きです。在りし日の「生きた証」、のようなものを感じます。

    実はショパンは、諸説ありますが39歳という若さで亡くなっています。

    在りし日の力強い調べは、ピアニストによって現代まで200年弱、語り継がれているのです。

    私に出来る事は社長や事業主の皆様の「生きた証」である申告書を

    後世に振り返った時に笑顔で見る事が出来るようお手伝いする事だと思っています。

    自分自身の「生きた証」もいつか残したいなぁ、と

    素敵な音楽の調べを聞きながら、改めて感じたそんな昼下がりの最高の時間でした。

    お誘い頂き、ありがとうございました!

     

    P.S. 下記のピアノですが、2,000万円するんですって!!!

        「触っていいよ」と言われたのですが、勿体なさ過ぎて触れませんでした…

     

    posted by シン中央会計事務局 at 10:46

  •   
  • ついに床材を貼りはじめました。なんだかイメージが変わりますね!なにげに柱に使用しているレンガ調の壁紙がかっこいいと大人気です!(^-^)v

     

    2012-09-13 13.23.12 (640x480).jpg

    posted by シン中央会計事務局 at 18:20

  •   
        

お気軽にお問合わせ・ご相談下さい

  • 04-2994-5080
  • 受付時間:平日9時~18時
  • メールで相談
  • メールフォームをご利用頂けない方

Pagetop