スタッフブログ

    
  • 2016年12月16日
    貞観政要(^^♪

    DSC_0007.JPG業務サポート課の早川です。

    今日は、わたくしがはまっている、中国の古典についてお伝えします。

    " 貞観政要 "という本です・・・

    中国の唐の太宗皇帝の時代(626年から649年くらい)の太宗皇帝と家来のお話が書いてあります。

    一番有名なのが、「帝王の業、草創と守文といずれか難(かた)き」の一文です。

    企業にたとえていうと、創業者と後継者はどっちがたいへんでしょうか?・・・とういう意味になります。

    太宗皇帝の家来のAさんは創業者が大変だといいました。

    家来のBさんは後継者の方が大変だといいました・・・

    太宗皇帝は、創業者の苦労はもう過ぎてしまった過去なので、これから未来(後継者の立場)をいっしょに作っていきましょう!といったそうです。

    過去よりも未来・・・前向きですね!

    実は、太宗皇帝は、立場的には、創業者でもあり後継者でもあるという稀代の人物です。

    わたくも過去よりも未来が、シン中央会計のお客様にとって幸せになる第一歩だとおもいます。

    お客様のしあわせで楽しい未来を創るために、お客様と一緒に頑張りたいと思います!

    posted by 早川 宗徳 at 00:36

お気軽にお問合わせ・ご相談下さい

  • 04-2994-5080
  • 受付時間:平日9時~18時
  • メールで相談
  • メールフォームをご利用頂けない方
  • HOME
  • スタッフブログ

Pagetop