会社設立

サービスメニュー 会社設立

設立応援キャンペーン 会社設立が242,000円 安い!早い!簡単!

シン中央会計会社設立5大メリット

  • 設立費用がどこよりも安い!

    242,000円と業界最安値水準。しかも完全丸投げOK!

  • 税理士が節税を考え設立!

    決算期、資本金額等を考えてベストの節税を考えて会社設立します。※会社を設立したらほ放ったらかしということはありません!

  • 創業融資調達をバックアップ

    日本政策金融公庫等から創業融資を受けるための創業計画書・事業計画書作成をお手伝いします。
    ※しかも料金は安心の成功報酬型!

  • 最短1日でのスピード設立!

    いくつかの条件を満たしていれば即日設立することができます。

  • 公証役場・法務局・税務署の書類提出も無料代行!

    税務署への届出書類も税理士が無料作成します。
    ※会社設立後の面倒な手続きも追加料金なしで対応します。

料金

自分で会社設立の手続きしても同じ!
それならプロに丸投げ!!

定款作成の際に電子定款を行う事により印紙代4万円が不要となり、自分で設立する場合でも電子定款を行うためのシステムは7万円程度になるため、費用はほぼ同じ!それなら、全てをプロにお任せしてご自身は会社の事業に集中してしまいましょう!

自分で会社設立の手続きしても同じ!それならプロに丸投げ!!
  自分で設立 シン中央会計にお任せ  
定款の印紙代 40,000円 0  
登録免許税 150,000円 150,000円  
設立代行手数料 0円 40,000円  
公証役場の定款認証手数料 50,000円 50,000円  
謄本取得代 2,000円(2通) 2,000円(2通)  
ご自身の作業コスト +α慣れない手続きで何かと大変 0  
合計費用 242,000円+α 242,000手間を考えたら絶対お得!  

設立までの流れ

一般的な会社設立までの流れを記載させて頂きます。もっと簡易的に会社設立が可能な場合も御座います。

お問合わせ
まずは、メールまたはお電話でお気軽にお問合わせください。お打合せのアポイントを決めさせていただきます。
初回無料相談
専門の担当が、無料にて設立の質問に答えさせて頂きます。起業後の節税や融資を考慮に入れた設立をサポートします。融資や助成金のご相談も一緒にさせて頂きます。
会社設立要項の決定
初回面談で設立事項が決まらないときは、メールや再度納得いくまで面談をさせてもらい、納得のいくまで何度でもご相談をお受けいたします。
【主に決定するもの】資本金・商号・事業目的・決算期 など
会社設立代行正式申込み
定款作成
できあがった定款に目を通していただき、会社設立に関する基本事項に相違がないかお客様に確認していただきます。
定款内容のご確認
できあがった定款に目を通していただき、会社設立に関する基本事項に相違がないかお客様に確認していただきます。
定款認証
公証役場にて定款の認証を受けます。
資本金の払い込み
定款の認証がおりましたら、資本金をお振込みいただきます。
その間に、登記に必要な設立書類を作成いたします。
登記申請
法務局で会社設立申請(登記申請)を行います。会社設立年月日は、設立申請を行った日になります。登記完了のご報告をもって、当社での手続きは終了となります。
会社設立の届け出
会社登記は完了しても、全てのお手続きが終わったわけではありません。
税務署など各官公庁へ会社設立の書類を提出させていただきます。
(作成・提出無料)
融資のご相談(ご希望の方のみ)
会社を設立した後に創業時の融資をお考えの方には、完全成功報酬型での融資支援も行っております。

ご準備頂くもの

会社設立の手続きで、お客様が用意しなければならないものを掲載させて頂きます。

印鑑証明書
発起人(資本金の出資者)全員のものを1通ずつ取得してください。
代表取締役および取締役・監査役になる方の分も1通ずつ取得してください。
登記等に使用するとともに、書類作成にあたってお名前やご住所の正確な表記を確認するために使用いたします。
発起人が取締役または代表取締役を兼ねる時は、1人につき2通の印鑑証明書が必要です。発起人が法人の場合は、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)と、法人代表印の印鑑証明書を法務局で取得してください。印鑑証明書や登記簿謄本は、会社設立予定日から3ヶ月以内のものでなければなりません。
お客様の本人確認書類
会社設立をお申し込み下さるお客様が発起人でも取締役でもない場合は、運転免許証か住基カードなどの本人確認書類を確認させていただいております。
犯罪収益移転防止法により義務づけられましたのでご協力をお願いします。
資本金の振り込み口座
発起人(資本金の出資者)のどなたかお一人の個人口座を用意します。
通帳のコピーを登記申請で法務局に提出するだけですので、現在お使いになっている個人口座を振り込み口座としてもご利用できます。
新たに設立する会社の口座は、設立がおわって登記簿謄本を取得しなければ開設できません。
法人印
会社の代表印を作成していただきます。
ご要望がありましたら、当社提携の法人印鑑セットも格安で発注代行いたします。
資本金
最低1円から999万円までの資本金をご用意下さい。
資本金が1,000万円以上になると、消費税免除の特典が受けられません。
資本金はお客様がシン中央会計から書類一式を受け取った後で発起人の口座に入金します。
通帳記入を済ませてコピーを取った後であれば、資本金はすぐに引き出して使っていただいて構いません。
個人の実印
発起人(資本金の出資者)・代表取締役・取締役全員のものが必要です。
(取締役会設置会社の場合は、代表取締役のものだけで大丈夫です)
会社設立にかかる費用
株式会社の設立であれば、登記等の諸費用を含めまして242,000円、
合同会社の設立であれば100,000円をご用意ください。
  

会社設立 相談事例

  • 個人事業から法人成りへの検討
    会社設立 個人事業から法人成りへの検討
    節税のため法人成りを検討している方の事例です。 大変相談の多い事例です。当社ではまず法人成り後のシミュレーションを実施し、納税額や社会保険料負担など算定してお伝...

    続きを読む

  • 会社設立時の資本金額の相談
    会社設立 会社設立時の資本金額の相談
    資本金額を悩まれている方の事例です。 会社法の改定後、1円以上で株式会社の設立ができるようになりました。しかしその後の会社経営を考えた場合に低すぎる資本金は様々...

    続きを読む

事例一覧を見る

お気軽にお問合わせ・ご相談下さい

  • 04-2994-5080
  • 受付時間:平日9時~18時
  • メールで相談
  • メールフォームをご利用頂けない方

Pagetop